4月10日の宿題

4月10日の宿題

小学部低学年クラス
「どうぶつの赤ちゃん」のカンガルーの赤ちゃんのページ(PP.100-101)を読みましょう。そして、どうぶつ(たとえば、きりんとライオン)をえらんで、生まれたばかりのようすなどのちがいをくらべて、ひょうにしてかいてみましょう(98ページをみてください)。
口、耳の2つのかんじをおぼえてください。
今日のじゅぎょうに ひきつづき、もんだい(クイズ)をつくってみましょう。

中等部クラス
「プラタナスの木」の後半の漢字も復習しておきましょう。

PP.70-73「野原のうた」、「野原に集まれ」を読んで下さい。
野原にいるだれかになって、考えたことや感じたことを書きましょう。
PP.74-75 「冬の光景」を読んで、冬に関係することばをつかって、俳句を作りましょう。

3月27日の宿題

3月27日の宿題

小学部低学年クラス
「どうぶつの赤ちゃん」のしまうまの赤ちゃんのページ(PP. 95-97)を読んで、ライオンの赤ちゃんとしまうまの赤ちゃんをくらべてみましょう。赤、王、草の3つの漢字をおぼえましょう。
今日のじゅぎょうに ひきつづき、もんだい(クイズ)をつくってみましょう。

中等部クラス
「プラタナスの木」の感想文を書きましょう。漢字も復習しておきましょう。
PP.64-69 「文と文をつなぐ言葉」を読んでおいて下さい。

3月20日の宿題

3月20日の宿題

小学部低学年クラス
「どうぶつの赤ちゃん」をつぎのじゅぎょうでします。よんでおきましょう。
今日のじゅぎょうに ひきつづき、もんだい(クイズ)をつくってみましょう。

中等部クラス
「プラタナスの木」のつづきをもう一度読みましょう。
PP.64-65 「文と文をつなぐ言葉」を読んでおきましょう。
3月13日の宿題

3月13日の宿題

小学部低学年クラス
90ページ「これはなんでしょう」をよんで、もんだい(クイズ)をつくってみましょう。
もんだいにするものをきめて、ノートにかたちや、はたらきなどをかきます。そして、すぐこたえがわからないように、かいたことをどのじゅんばんにするかをかんがえましょう。
「どうぶつの赤ちゃん」をつぎのじゅぎょうでします。よんでおきましょう。

中等部クラス
「プラタナスの木」のつづきを読んでおいて下さい。
「初雪の降る日」の漢字の復習をしましょう。漢字リストは遅くとも水曜日17日までに送ります。

3月6日の宿題

3月6日の宿題

小学部低学年クラス
72ページ「かたかなの かたち」のひらがなとかたかなをかいてみましょう。
73ページ かたかなのかたちにきをつけて、「ネクタイ」から「ヲ」までかいてみましょう。
134ページを見て、にているかたちの字をさがしてきてください。

中等部クラス
「プラタナスの木」を読みましょう。
上巻の126ページの「気持ちを表す言葉」の担当してい言葉を使ってそれぞれ一文を書いてください。

2月6日の宿題

小学部低学年クラス
「ものの 名まえ」をよみましょう。ものの名まえをあつめて、おみせやさんごっこをします。
70-71ページのおみせのように、じぶんのおみせのものの名まえをかいてみましょう。
たぬきの糸車(いとぐるま)」のかんじを見なおしましょう。
72−73ページ、「かたかなの かたちのかたかなをかいてみましょう。

中等部クラス
「初雪のふる日」の漢字をみましょう。
この物語を家の人にしょうかいするとしたらどんな物語だとしょうかいしますか。200文字位で書いてみましょう。
上巻の126ページの「どんな物や事がらを表す言葉」の各々担当している6つの言葉を使って一文を書いてください。

それでは、よいバカンスをおすごしください。

2月6日の宿題

中等部クラス
追加
P.126 「言葉のたから箱」のどんな人物かを表す16の言葉のうち、担当する4つの言葉の意味を調べ、それぞれ一文を作りましょう。

2月6日の宿題

小学部低学年クラス
「たぬきの糸車(いとぐるま)」のかんじを見なおしましょう。
音(おと)のかんじをかけるようになりましよう。
「ことばをたのしもう』を言って見ましょう。はやくちことばの「かえる ひょこひょこ」を書いて下さい。そして、はやくいえるようになりましょう。

中等部クラス
「ふるやのもり」の漢字を復習しましょう。
来週は下巻の「初雪のふる日」をします。できれば、読んでおいてください。

1月30日の宿題

小学部低学年クラス
「たぬきの糸車(いとぐるま)」のかんじをれんしゅうしてみましょう。
山、月、糸車、目玉、出す、木、村、下(お)りる、白い
おはなしをよんでどんなことを おもいましたか。たぬきやおかみさんにいってあげたいことをかんがえて、かいてみましょう。

中等部クラス
「ふるやのもり」の漢字を復習しましょう。
この物語の感想(かんそう)を50字位で書いてみましょう。
来週は下巻の「初雪のふる日」をします。できれば、読んでおいてください。

1月23日の宿題

1月23日の宿題

1月23日の授業の宿題です。

小学てい学年クラス
「絵日記」と「だってだってのおばあさん」の授業(じゅぎょう)でした漢字(かんじ)を見なおしましょう。
雪、上手、下手、大きい、小さい、出かける、川、五、本、中

中学生クラス
「ふるやのもり」の小さな劇(げき)をしますので、読みの練習をしておいてください。
「手と心で読む」の漢字を再度(さいど)しますので、見ておいてください。

それでは、土曜日お会いしましょう。

1月16日の宿題

1月16日の宿題

1月16日の授業の宿題です。

小学てい学年クラス
「だってだってのおばあさん」の中で、「いいな。」、「すきだな。」とおもったところを かきましょう。そうおもったわけもかきましょう。

中学生クラス
ふるやのもりを読みます。読む練習の予習をしましょう。
「手と心で読む」の漢字の読みの残りを復習をしますので、プリントに目を通しておいて下さい。

寒い日が続きますが、がんばりましょうね。

森田

1月9日の宿題

1月9日の宿題

あけまして、おめでとうございます。
おひさしぶりにみなさんの元気(げんき)なお顔(かお)を見ることができまして、とてもうれしく思いました。
さて、しゅくだいのれんらくです。

小学てい学年クラス
「だってだってのおばあさん」をよみましたが、おはなしのおわりでどうして「ねこは、すこししんぱいになった」のでしょうか。あなたのかんがえをかいてみましょう。

中学生クラス
ふるやのもりを読みます。読む練習の予習をしましょう。
来週は「手と心で読む」の漢字の読みの復習をしますので、プリントに目を通しておいて下さい。